ミサワホームの吹き抜けリビングは寒いのか?みこままが一冬過ごした感想

スポンサードリンク


こんばんは!みこままです。

マイペース更新なみこまま家ブログですが、たまに読んでコメントくれる方がいます。

コメントいただけると更新の励みになって、とても嬉しいですo(≧ω≦)o

そんな有り難いコメントの中で、「ミサワホームの吹き抜けリビングって暖房効率はどうですか?」という質問がありました。

ということで今回は、みこまま家の吹き抜けリビング事情について綴りたいと思います。


吹き抜けになっているリビングって憧れますよね。

開放感があって空間が広く感じられるし、窓の面積も広くとれるので自然光が入って明るくなります。

一方、吹き抜けのリビングのデメリットとしてよく挙げられるのが、冷暖房効率が悪くなるのではないかということ。

またリビングの音が他の部屋まで響きやすく、うるさく感じる場合があるという点もあります。


そんなメリットとデメリットを合わせ持った吹き抜けのリビングですが、みこまま夫婦の中ではマイホームを建てる際に、吹き抜けリビングについてけっこう熱く議論(というかバトル?)が繰り広げられました。

みこまま旦那は吹き抜け推進派。リビングに開放感を持たせたいから絶対取り入れたい!

対してみこままは、吹き抜けに憧れる気持ちは分かるが暖房効率が悪くて光熱費がかさみそうなのが心配すぎる!

といった感じo(`ω´ )o

このように意見が割れていたみこまま夫婦でしたが、ミサワホームに出会うことでお互いの希望を叶えることができました。


ではなぜミサワホームの吹き抜けリビングなら暖房効率が良いと思ったかという理由と、実際に一冬過ごした感想についてまとめていきます。


まず一般的な吹き抜けリビングのイメージって、リビングの天井がスコーンとなくて二階の廊下や部屋が丸見えって感じじゃないですか?

え?違うって??もっとオシャレな表現した方がいいって???

まぁでもみこままの中では、そんなイメージだったんですよ。

開放感があって素敵なのは分かるけど、実際に暮らす上ではデメリットを感じることが多いのではないかと。

冬はいくらリビングを暖めてもあったかい空気は上へ逃げて行っちゃいそうだし、リビングの音も各部屋にダダ漏れだし。

そんな考えを突き詰めていくと、結局みこままが一番不安に感じているのは、リビングという空間がきちんと仕切られていないことなんだなと気づきました。

リビングという空間を独立して使いたいときがあっても、他の空間と隔てられないのが嫌なんだなと。

逆に言えば、リビングを他の空間と分けたいときは仕切れることができるなら、開放感のある吹き抜けリビングは全然ウェルカムなんです。


そこで、完成したみこまま家のリビングはどうなったのでしょうか。

みこまま家はリビング横に1階蔵があって、その上に和室を作っています。

リビングの天井の高さは4m近くあり、1.5階の和室とは吹き抜けで繋がっています。

実際の位置関係はこんな感じ。

ミサワホーム 吹き抜け リビング 暖房効率

ここで注目なのが、まず左端に見える白い格子のドア。

みこまま家はリビング階段になっていますが、階段の出入り口にドアを設置しました。

そしてもう一つの注目ポイントは、吹き抜けと1.5階和室の間のロールスクリーンです。

和室の床まで下ろせるロールスクリーンを設置することで、和室とリビングを独立させることができます。

この二つがあることで、リビングと他の空間を隔てることができます。

もし普通の二階建ての家だった場合、大きな吹き抜けをリビングに作りつつも他の空間と仕切れるような構造にするのは難しいと思います。

ですがミサワホームの蔵付きの家だと、スキップフロアという構造のおかげで、リビングの天井を吹き抜けにしつつも独立した空間にすることができました。

リビング階段のドアと和室のロールスクリーンを下ろしておけば、リビングの暖かい空気が上に逃げてしまう心配がなくなるわけです。

暖かい空気がリビングの外へ逃げることがなくなれば、暖房効率はもちろん良くなりますよね♪(/・ω・)/ ♪


では実際に一冬過ごしてみてどうだったのか。

まずみこまま家の基本情報として、関西地方の温暖な気候の地域に住んでいます。

冬の間に雪は1~2回降るかどうかといったところです。

そしてリビングの広さは20畳よりちょっと大きいくらいです。

20畳用のエアコンを一台設置するよりは、もう少し小さなサイズのエアコンを空間の両端に設置した方が効率が良いかなと考え、リビングのフロアには2台エアコンがついています。

そしてリビングの吹き抜け部分の天井には、シーリングファンをつけています。

以上の仕様で一冬過ごしたのですが、結果はとても満足できる物でした。


まずリビングの2台のエアコンですが、結果として1台しか稼働していない時間の方が圧倒的に多かったです。

とても冷え込んでいる朝などは2台稼働させて一気に室温を上げたりしましたが、基本的には1台のエアコンでも十分過ごせました。

あと、シーリングファンはあって本当に良かったなと思います。

たまにシーリングファンを回し忘れていると、暖房の熱が全然下りてこなかったです。

ですので吹き抜けリビングにする場合は、シーリングファンは絶対に設置することをおすすめします。

もう一つ大きかったのは、吹き抜けの天窓から入ってくる日光でした。

冬でも天気の良い日であれば日光がたくさんリビングに入ってくるので、太陽の熱がリビングを温めてくれました。

冬の間の暖房の設定温度は基本的にエコな20度でしたが(たまにすごく寒い日は21度にしてました)、十分快適に過ごせましたよ。

かかった光熱費も、賃貸に住んでいた頃より安くなりましたしね。

(詳しい光熱費は『エネファームにしてガス代と電気代はどうなった?1~4月の結果』をご覧くださいね。)


こんな感じで、みこまま家の吹き抜けリビングは冬でも快適に光熱費がかさむこともなく過ごすことが出来ました。

一般的な二階の天井までの吹き抜けとは違いますが、リビングの天井の高さは4m近くあるので十分開放的な気分も味わえます。


マイホーム作りにおいて吹き抜けリビングにするかどうかは、今後の生活を大きく左右する要素だと思います。

今吹き抜けリビングにするかどうか悩まれているあなたに、この日記が少しでもお役に立てば嬉しいです。


それでは今回は以上です!

最後まで読んでくれて、ありがとうございました☆

ブログランキング参加中です☆
お手数ですが、クリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ
にほんブログ村
関連記事


スポンサードリンク

コメント

No title

おはようございます!
朝起きたらすでに記事として
詳しく載せてお答え頂けたこと
感謝し嬉しく思います(;_;)!

気になってた暖房機の台数、稼働率なども
わかりかなり、吹き抜け天井の疑問がクリアに
なってきました!!ありがとうございます!

これからもブログ楽しみにしてます♡
ありがとうございました!

No title

初めまして、いつも楽しく拝見させてもらってます。とても参考になります(。-_-。)シーリングファン重要みたいですね。こちらは床暖あるから要らないと言われたのでつけていません。これからもアップ楽しみにしています(^o^)/

Re: コメントありがとうございます!

まな坊さん

早速ブログ読んでいただいて、ありがとうございます!

暖房事情は住んでいる地域によってけっこう差が出ると思うので、比較的温暖な地域に建っている家の一例として参考になれば幸いです。

これからもお役に立てる情報を発信できるよう頑張りますね☆

Re: コメントありがとうございます!

ガンズさん、初めまして!

ブログ読んでいただき、ありがとうございます。

床暖は足下から暖まるから、シーリングファン不要なのかもしれないですね。

我が家は予算上設置できなかったので、床暖うらやましいです!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みこまま

Author:みこまま
当ブログへようこそ!
管理人のみこままです。
二人の育児に奮闘しているアラサー主婦です。

みこまま家はミサワホームで建てました。
フリープランの一階蔵で、2016年12月に完成しました。

当ブログでは、家作りの打ち合わせ内容や内覧会を掲載しています。
またマイホーム完成後は、お家での暮らしをより快適にする情報や日々の暮らしの小ネタを発信しています。

あなたの住まい作りに役立つ情報を見つけてくださいね!

検索フォーム

人気の記事

お問い合わせ

相互リンクの申請も受け付けています。

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド